記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト

(ダークキング)開幕崩れる・壁更新が上手くいかない理由を考えて対策をしよう

かなり今更な記事ですが。
ダークキングの開幕がうまくいかない人はどこで躓いているのか、
また、その対策を考えてみたいと思います。

基本的に「何を今さら???当然の事すぎて読む価値ないわww」
という内容と思っていただいてOKです。

でもその当然の事が、頭ではわかっててもできてない人もいらっしゃるので、
この記事を見たのをきっかけに自分の動きを再確認してもらえたら良いかなと思います。

さて…
ダークキング戦の開幕でグダって、立て直しだけで1分経過しているときがありませんか?
最強の場合は1秒も無駄にできないPTも多い中、
グダッて立て直したから戦闘続行、HP赤になって時間切れ…なんてことも。
これは時間の無駄すぎますよね。

というより個人的には、開幕の動きで最強を討伐できるPTかどうか判断していいかな…。

討伐構成は色々ありますが、前衛2名、支援1名、回復1名という形がポピュラーです。
(戦戦道僧、戦バ道僧、戦戦占僧など。最近は戦占道僧もあるようですが)

まず構成はどうであれ、開幕壁が成立しない原因を図解しつつ、対策を考察していきます。

<図(1)>
(ダークキング)開幕位置取りがダメなパターン紹介

大前提として<図(1)>のように
開幕は移動する角度が鋭くなるため、壁更新をうまくしないと中々軌道に乗れません。

<図(2)>
(ダークキング)開幕位置取りがダメなパターン紹介1

①最初の壁更新が浅い・遅い
 →自分が1回行動したら壁更新を意識する

 まずはこれ。
 開幕真やいばくだきを入れに行く戦士は、コンマ0.1秒も無駄にせず突進するので
 DKのほぼ正面に位置することになります。
 もう一人の前衛が、迷わずその戦士の隣に寄り添ってペチペチし始めたら
 ちょっと最強討伐は厳しいと感じてください。
 少なくとも一人分以上の間隔をおいて左側に位置して欲しい。

 または、真やいばを入れた戦士が壁成立を確認してから更新に走るとか。

 開幕は壁更新が頻繁に起こります。
 壁全員が同時に移動しようとすると壁OPEN状態になるためDKが抜けます。
 これの対策としては、誰か特技を使っている間に壁更新すると抜けにくいです。

<図(3)>
(ダークキング)開幕位置取りがダメなパターン紹介2

②真後ろに逃げすぎ、でっぱりに引っかかる
 →逃げ役は軽く後ろに引っ張るが、最初のでっぱりを早めに越えておく

 よくあるのですが、真後ろに下がって「壁際まで誘導しなきゃ!」という意識を持ちすぎて逃げられなくなるパターン。

 やいばが入っている場合、敢えて後ろの壁際でくらって(押し反溜まる前に)
 その後の壁を成立しやすくするという手段もありますが、
 最強でやいばが外れていると変なとこで死ぬので、慣れてないPTではやっちゃだめです。
 (他のメンバーにうわー追いつかれてるよって思われますし、
 僧侶の手数を増やすことになるので推奨しません)

 逃げ役は後ろに若干余裕をもちながら逃げる感じで丁度いいはずです。
 また、1ターン目は距離を詰められやすいので行動は控えて逃げに徹した方がいいです。

 でっぱりを越えて壁が成立すれば、後ろに余裕ができてエンドまでにバイキや
 祈り・ベホイム・ベホマラーがちゃんと行えますので…焦らない事です。

 ※開幕後衛タゲで、そのまま引っ張れている場合は第一でっぱり超えたくらいでエンドきます。

<図(4)>
(ダークキング)開幕位置取りがダメなパターン紹介3

③第一でっぱりを越えたあと更新が遅い
 →壁側が大きく壁更新する(後ろでも前を通っても更新できればOK)

 えーと・・・①と似たようなものです。
 このあたりは角度がかなりきつくなりますので、迅速に深め更新するため後ろを通る人もいます。
 (誤解されないように前を通った方が無難ではあります)

 3人目が一瞬壁に入って、補助ができると楽ですね。
 初手竜巻や戦士タゲだった場合はこのへんがターンエンドの場合があるので、
 戦士以外は壁離脱を意識した方がいいです。
 具体的には、ぶっちゃけ行動しない・離脱する。


<図(5)>
(ダークキング)開幕位置取りがダメなパターン紹介4

④そそり立つ壁で抜ける・追いつかれる
 →壁更新がほしい意思表示として、タゲが早めに内側前衛の軌道より先へ行く

 このへんは壁更新誘導を後衛ができるか・前衛が地形を把握しているかで変わってきます。
 ここまで進行していたら大体安定してきてはいると思いますが、
 引っ張り途中でここにさしかかる場合が少し厄介ですね。

 逃げ角度が急激に変化(ほぼ直角)するため、MAPを把握していない前衛の場合は
 壁更新の角度が追い付かないのです。

 ですので逃げ役が「壁更新を早めにしてもらう」ために若干角度をつけると
 DKが壁抜けそう!更新しなきゃ!と前衛に思ってもらうことができます。

 上手いPTだと誘導するまでもなく、各自どこに位置すればいいか判断していますので
 壁際ギリギリで動いてエリアを有効に使うことができています。
 (召喚誘導など)

 慣れないうちは若干内回りになるとしても、壁の安定を狙ったほうがいいと思います。


ここから以降は壁も楽になっていると思います。

それでは最後に、後衛が陥りがちな開幕グダりを紹介します。
(私が道具や僧侶をしているからですが・・・)

①開幕、僧侶が即祈り
 これはダメです。
 下がりながらタゲ確認してベホイム、または祈り待機です。
 DK初手通常ペチの場合はベホイムして次のタゲを確認し、自分だったら即逃げます。
 竜巻だったら(DKが立ち止まったら)祈ってベホマラー。

 とにかく死人を出さないことです。

②即その場でバイキなど
 自分タゲだったら最悪死ぬか、僧侶の手数を増やすことになるのでだめです。

③竜巻ダメージを軽視する
 HPは常に満タンを心掛けないと最強ではすぐ死にます。
 特に前衛のHPは、追いつかれない限り最優先で満タンにするべきです。
 僧侶が大変そうなら、道具がメディカルデバイス置いたり占いが教皇したり。
 アイテム節約にこだわってMPケチってもいいことありません。

 僧侶がケチらなくてもいい状況を、全員でつくっていきたいものです。
 ※アイテムぶっぱしろと言っているわけではありません。
  攻撃できてなければ当然倒せませんので…。

④補助壁に入って3回以上行動してしまう
 補助壁の場合は、行動は2回までにして離脱しましょう。
 プレス・シャウトなどをくらう原因になります。
 ※前半とはいいましたが、これは大事なので書きました


いかがでしたでしょうか。
私自身そんなに熟練しているわけではありませんが、
自分の経験をもとに開幕グダる理由と対策を書いてみました。
あと少しで公式攻略本が出ますが、それまでに称号をとりたい方の参考になれればいいなと思います。
スポンサーサイト

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ブログ作り、ツイッターなどすべてが初めてです。 同じように攻略されている方、相互フォローさせていただけたら遊びに行きたいと思います。

くまー

Author:くまー
ドラクエ10を旦那と始めて3年半。
自分たちなりの攻略は自分たちで記事を作ろうと思って本ブログを作成し始めました。(2016/5/10)
ブログ作り、ツイッターなどすべてが初めてです。
同じように攻略されている方、相互フォローさせていただけたら遊びに行きたいと思います。



スマホ版とPC版のプロフィール欄設定の兼ね合いが難しくて泣きそうです…
両方のが出てる…

DQ10ブログランキング

隙間産業な攻略情報をお届けします。
応援してもらえると凄く嬉しいです。

スポンサード リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。